収束してきた雰囲気からの安堵感とコロナからの教訓

coffee-1587081_1920.jpg

今日は久々に実店舗で使い捨てマスクが買えました!
実は、楽天で買ったマスクやもらったマスクがまだたくさんあったけれど、実店舗で買えるっていう嬉しさから買ってしまいました。
はぁ~、ようやくです!
気を緩めてはいけないけれど、なんとも言えない安堵感でした。
相変わらずタイミングが遅いんだけれど日本株も少しばかり仕込みました。
本当は恐怖で買って安堵で売れた方が優秀なんでしょうけれど。

週末はいつものように主人がオジサン向け情報番組をずーっと流してました。
そこで、ひさしぶりにコロナにかかって大変だった人の実体験なんかもやっていました。
あー、気分が慢性化して半ば忘れてました・・・。
あらためてコロナって怖いと思い出しました。

そういったわけで、今日は帰ったら手洗いというよりもシャワー。
暖かくなってきたし、今後はしばらくそういう習慣にしようと思ってます。
関東の一都三県も緊急事態宣言解除となってひとまずホッとしました。

このコロナ騒動で、母親的立場で思った事がひとつありました。
子供は授業を前倒しで進めている中高一貫校や進学校に入れておくのが無難だなという事。
特に高3だったら本当に焦りますよね。
国の学校を9月入学にっていう案もなんとなくまとまらなかったし。
自分たちで備えておくしかないっていう結末になりましたので。

9月入学って結構、理にかなってると思うんですけれどねー。
8月に長期のお休みを挟むし。
留学生の立場で考えても時間が無駄にならずに済むし。

この記事へのコメント